【保存版】人を動かす文章術①

ブログ・副業
ぴた
ぴた

こんにちは!ぴたです!

ブログを書いている2児ママです!

ブログで稼ぐ方法として、

文章で人を動かすというのはとても重要です。

これを意識しているかいないかで、収益の大きさはかなり変わってきます。

今回は、ブログで稼ぐ「人を動かす文章術」について、紹介したいと思います!

この記事を読んでわかること

・人を動かす文章術とはどんなことかわかる

・人を動かす文章術の具体的な使い方がわかる

スポンサーリンク

人を動かす文章術

そもそも、どうなるとお金が生まれるのか?

その答えは【人が動くお金が生まれるです。

じゃあ、なんでブログから収益が生まれるのか?

それは、

ブログを読んでくれた人が何かしらの行動をした時に、お金も一緒に発生するからです。

例えば、私が

ぴた
ぴた

ブログめちゃくちゃいいので、勉強しましょう!

ってブログで言って、

読者
読者

え、ブログっていいんだ!

じゃあ、勉強しよう!

で、その人が行動するじゃないですか。

行動した時に例えば、

・ブログで商品を売る→買う

・セミナーを紹介する→行く

・SNSで発信する→読む&拡散する

そうした時に私に報酬が入ってくる。

こんな感じの仕組みです。

こうやって、人を動かす文章術が身につくと、

【文章を書かことでお金が稼げる】

ってことができるようになります。

これを覚えたら、人生で超役に立つと思います。

ブログだけじゃなくて、

・SNS発信

・営業

・メール文

・プレゼンテーション

・自己アピール

などにも応用していけます。

人を動かす文章術とは?結論:未来を語ること

どうやったら、文章で人が動くのか?

その答えは【未来を語ること】です。

これ、超重要なので、もう一度。

【未来を語ること】です。

人の大前提は、

【見ない・読まない・行動しない】です。

基本的に人は怠け者なので行動しません。

じゃあ、どうやって動かすか?

未来を語ることで、未来を語られた読者は未来のイメージが湧くじゃないですか?

そうやってイメージが湧いたら、

人はやっと行動をするんです。

腰が重たいんです。動きたくないんです。

それが普通なんです。

どんな未来を語ればいいのか?

じゃあ、どんな未来を語ればいいのか?

それは主に2つあります。

①プラス(+)の感情→快楽、ポジティブ

②マイナス(−)の感情→痛み、ネガティブ

どちらかの感情に訴えかける未来を語ることです。

①プラス(+)の感情に訴えかける

例)ブログ×プラスの感情(快楽)

ブログを学ぶことで、場所を選ばずに稼ぐことができるようになります。収入も限度が無いので、コツコツ続ければいくらでも収入は増えます。現在の私もブログで収益を上げつつ、在宅やカフェで記事を書いています。

例えばこんな感じ。

こんな風に言われたら、

読者
読者

ブログを頑張ったら、出社もしなくていいし場所も選ばずにできるんだ。

収入も頑張った分増えるなんて最高だな〜

って思うじゃないですか。

これは、

場所を選ばずに自由に働ける、かつ収入も上限がないという「プラスの感情」を刺激しています。

これって良いパターンというか、

良い未来の語り方なんですよね。

一方でダメな未来の語り方はこちら。 

ブログを学ぶことで、文章力が上がります。さらに自分の知識もどんどん増えるので、思考力がかなり上がります。

ブログを書き続けたら確かに文章力は嫌でも上がると思いますし、

調べることも多いので知識がどんどん増えていきます。

だからと言って、ぶっちゃけ

読者
読者

「。。。それで?」

って感じじゃないですか。

要は、

【未来がイメージしにくい】んですね。

他の例も出します。

例えば、ブログを書くためのパソコンを売る場合、

このパソコンはGBはこのくらいで、容量は〇〇で、重さは〇〇で、だからめちゃくちゃ使いやすいんですよ。

って説明されてもあんまり欲しくならないですよね?

じゃあ、これを

パソコン×プラスの感情(快楽)で売ると、

まず軽い。軽いからどこへ持って行っていくにしても負担が少ない。そして大きさもバッグに入れやすい大きさだから毎日の持ち運びに便利。場所を選ばずにブログを書きたい人には最適なパソコンなので、めちゃくちゃおすすめです。

どうですか?

こっちの説明の方がイメージ湧きませんか?

大切なことは、

この商品を使った先・買った先の未来

ブログを学んだ先の未来が見えるように語ること。

それを

プラス(+)の感情(快楽)に訴えかける。

これが大切です。

②マイナス(−)の感情に訴えかける

次にマイナス(−)の感情に訴えかけるパターンです。

上記で人は、

【見ない・読まない・行動しない】

と言いました。が、

【痛みを避ける】ということも本能レベルで働きます。

人は常に痛みや苦痛を避けようとし、快楽を得ようと行動しているんですね。

なので、

きちんと行動をしないと悪い未来しか来ない

ということをしっかり見せる。

そうすると、

人はそこから避けるために行動します。

例)枕×マイナスの感情(痛み)

1日8時間寝るとすると、一生のうち28年間は寝ていることになります。その中で、枕が合わないと肩や首が凝りやすくなったり、頭痛がするようになるので、損しかないです。これを回避するには「早めの改善」が重要です。オーダーメイドの枕は高いですが、一度買ってしまえば何年も使えるし、身体の不調が無くなり毎日が生き生きと過ごせるなら安いもんです。オーダーメイド枕の無料資料請求はこちら。

「ずっと身体の調子が悪いのもやだし…高いけど一回買ってしまえば長く使えるからとりあえず見てみるか」と思いませんか。

ポイント:人は快楽よりも痛みを避けたい

快楽と痛みの例を出しましたが、どちらかというと、「ブログの文章より枕の文章の方が心が動く」感じがしませんか?

これは、

人にとって一番回避しなければならないことは、痛みや恐怖、苦痛である。

って本能レベルで決まってるんですよね。

要は、成功よりも失敗を避けたい生き物。

なので、

人を動かしたいなら、できるだけ「痛みやマイナスの感情に訴求」すると効果的ですよ。

プロフィール
ぴた

1992年生まれ。新潟県出身。
現在は病院の整形外科病棟で看護助手をしている2児ママです(現在育休中)!

人生一度きりなので色んな事をしてみた結果、フィリピン語学留学中、車に乗せられ、知らない所で降ろされるというびっくりな体験をしました(笑)

現在私のブログは看護助手についての記事が多いですが、これまでしてきた体験談についても発信していきたいと思っています!

ぴたをフォローする
応援する にほんブログ村 その他生活ブログ その他生活情報へ
にほんブログ村
ブログ・副業
スポンサーリンク
シェアする
ぴたをフォローする
タイトルとURLをコピーしました